墓地、埋葬等に関する法律考

 墓埋法(S23)は数度の改正をしてはいるものの、考え方は古いままである。墓地は本来、遺体を自然に帰す場であるはずのものである。埋葬・埋蔵・収蔵等の定義を使い分けて考えないとならないだろう。
 また、人間の死を受け入れる場という場所的な管理の問題もあるのは分かる。衛生面での配慮も土葬であれば必要であろう。ただ、現在のカロート方式の墓地の考え方は、どうなのだろうか?

事務所ホームページ  http://members3.jcom.home.ne.jp/3243632601/new_file.html

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック