終活入門

 お久しぶりになります。ここの所、講演依頼いで「終活」に関する内容が多いので、少し、メモ代わりに書きたいと思います。終活をテーマにしたTV番組や本がたくさん出回っていますが、人それぞれに自分のテーマとしている内容が違います。  まず、何から入るかも人それぞれに、思い入れが相違します。  ① 遺言から入る?  ② エンディングノート…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

厚生年金基金の裏仕掛け

 やはり出てきた基金の破綻へのプロローグ。当初から、知る人ぞ知る、社保庁の基金認可の条件に天下り受け入れや厚生年金の公的部分の運営受任の引換え条件の天下り受け入れ。   こうしたやり方は、社会福祉法人を都道府県が認可をするさいでも、都道府県OBを受け入れることを条件に認可をしている実態がある。橋下市長に教えてあげたいようだ。  ま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

墓地、埋葬等に関する法律考

 墓埋法(S23)は数度の改正をしてはいるものの、考え方は古いままである。墓地は本来、遺体を自然に帰す場であるはずのものである。埋葬・埋蔵・収蔵等の定義を使い分けて考えないとならないだろう。  また、人間の死を受け入れる場という場所的な管理の問題もあるのは分かる。衛生面での配慮も土葬であれば必要であろう。ただ、現在のカロート方式の墓地…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

身元保証人を探す  

 昔からのことですが、日本では何かと言うと保証人を求められます。逆に親から、保証人には絶対になるなと厳命されたりします。  借金の連帯保証人を頼まれたりするときは、借金をする人間が頼もうとする相手に辿りつくまでが問題で、普通だったら頼まれるはずの無いのに、迷惑はかけないから等と言ってくるのは、頼める相手がいなくなったからで、要注意・危…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

家賃滞納に対する対策対応マニュアル    

 ここの所増えている家賃滞納に対する相談にどのように応じるかについて備忘録的にメモをする。  家賃滞納は、その原因や態様により対策が異なるが、最悪の場合は、あまり知られていないが警察に「賃借権の詐取」で告訴の場合もある。  法律を踏まえた対応策は、 ① 「内容証明郵便による支払催告」 ② 「支払督促」 ③ 「公正証…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自分の最後を選んだら公正証書を作る 

 最近の相談で、ガン宣告を受けたり、先々の心配として病院で体中にチューブを付けられて何ヶ月も苦しい思いをさせられないようにしたいとのご相談を受けることがしばしばあります。 が、これは難しい問題です。医師に対する説得性と医師の側の訴訟リスクへの考え方が大いに影響をします。  方法としては、公正証書による延命治療拒否の宣言書の方法もあるが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

金融危機の原因

 ギリシャに始まりアイルランドのも飛び火していった金融危機は、いつ収まるとも分からない。私は、ファイナンシャルプランをする時に、たらればや将来はこうなるであろうと言ったことは基本的に算入しないことにしている。  アメリカやEUで(日本も同水準に移行をし続けているが・・・)現実に目の前に無い金や価値をあることにして現実の金を動かす妄動を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マンション管理費の滞納に対する対抗策

 マンション管理費を滞納しているから、通路や玄関を使うなと言えば、損害賠償を求められたりして逆襲を受けます。管理穂の請求権は先取り特権がありますから、先取り特権を行使する旨を内容証明郵便で通告することは違法ではありません。先取り特権に基づいて、マンションの区分所有権を差し押さえて強制執行をし、競売に付する方法もあり、これを通告するのも方…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マンション管理費催促は逆襲を受けないように注意が肝要

 「税金を払わない奴は日本の道路を使うな!」や「日本の空気を吸うな!」は、テレビ番組の「情けの女」の台詞であるが、マウウションで「管理費払わないんだったら、共有部分を使うな!」とやると慰謝料を払え!とやられる。 事務所HP http://members3.jcom.home.ne.jp/3243632601/new_file.ht…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マンションの管理費・修繕積立金の請求(1)

 マンションの管理費・修繕積立金の請求についての相談が私も一部所有者となっている管理組合理事長から相談がありました。  弁護士を頼もうとしたら大変高額?をいわれたとのことです。行政書士はできる範囲が弁護士とは違いますが、アドバイスはできますし、訴訟手続きに至る簡単なものは相談にのれます。  まずは、内容証明による督促になりますが、こ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高齢者専用賃貸住宅   

 「高専賃」住宅の趣旨は、国交省が高齢者を対象とした賃貸住宅に補助金を出すシステムである。仕様は、段差を無くすなどの高齢者対応の施設態様を整えている条件をクリアーすれば補助金をもらえることとなる仕組みである。  相談があったケースで、契約の前に見学に行った時、1階は幾つもの診療所や介護ステーションがあったが、入居してみたら他の患者と全…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

現代の就職難の氷河期の一因

 就職氷河期が何次にも渡って押し寄せている。世は景気の原因説で一致しているようだ。が、しかし、そうであろうか?  社会保険庁は自分たちの栄華のために、年金原資をいいように使いリゾート施設などを造り、赤字にして二束三文で売却をした。挙句の果てに、年金財源を不足させて基礎年金の給付開始は65歳にすると変更をした。そして、60歳からの年金生…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

老人施設で骨折して、またまた休業  

 老人の話を聞いて欲しいとの連絡が入り、急ぎ施設を訪問する。遺言のことかと思っていたら、3人いる子供たちの悪口で3時間を費やしてしまった。  切り上げて帰る途中の階段で転んでしまった。救急車に乗せられて病院に、骨折であった。何とか入院は免れたが、10日間の安静を通告された。困ったものである。   事務所HP http://memb…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

遺言書作りは先送りしないで   

 遺言をするという作業は、意外と頭の労力を必要とします。エイヤ!で書いてもよろしいですが、結果のリスクもついてきます。  遺留分への配慮がされていなかったり、あいつには遺産をやらないと書いてもそうはいかなかったり、自分の死後、裁判等のバトルを引き起こしたりすることもあります。  遺言が気になったら、先送りしないでチョットでも作業を開…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お墓と戒名      

 戒名が高すぎると言う人たちが多くいる。確かに見た目は高いと見える金額ではある。 あなたの家は、持ち家?借家?でも必要経費はそれなりに掛っているのではないでしょうか。 宗教も同じです。その時だけ、葬式だからお経をあげろ、戒名をつけろ。世間ではありえない話です。お経を30分読んだから、パートタイム時間給からしたらン万円はありえないとか…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

日本沈没と政治

 日本が沈むのは映画ばかりではない。政治力の体堕落、経済性の脇の甘さ、どれをとっても今の日本は沈没への道筋をひたすら進んでいる。  政治の世界が自分のバッチばかりを考える輩に取られている?任せている? 国民の責任放棄の結果である。政治家=海千山千でしかなれない。そうした状況を作り出しているからだ。東北地方のある市が昔、市会議員の給料…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自分史づくり(家系図含む)をお手伝いします

 自分史を作ってみたいが、その次になかなか考え方が進まない方、多いと思います。目標や目線をどこに置くかから考えることからはじめます。簡単なようで奥が深いです。 ① 自分史を創る目的は何か・・自分へのメモリー、子や孫への記録遺産、他人も含む自分の経歴の誇示等などである。 ② 何れにも共通にあった方が良いのが、家系図であろう。自分のルー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お墓と遺骨   

 お墓は、その構造が時代とともに変わってきている。本来は、土葬であったはずのものだ。衛生面の考え方から火葬が主体になりはじめてから、少しずつ変化が始まった。  最初は、火葬したお骨を墓の中に散骨し、自然に帰したものだ。が、しかし、このやり方でいると、墓を承継する者がいなくなると、無縁仏の墓で遺さざるを得なくなる。そこで考えられたのが、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ひさしぶりに大宮の多万里のラーメン

 大宮高島屋の裏手にある「多万里」によってラーメンを頂いた。いつもながらのしつこくないラーメンである。豚系のスープがドクターストップの私はここの鶏系のスープは何とか食べても大丈夫のようだ。最近、脳梗塞の患者が増えているが、ラード系の食生活も多分に影響をしているようだ。  私の知る範囲で、ラードを料理に使う仕事をしている人に病気なりやす…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more