金融危機の原因

 ギリシャに始まりアイルランドのも飛び火していった金融危機は、いつ収まるとも分からない。私は、ファイナンシャルプランをする時に、たらればや将来はこうなるであろうと言ったことは基本的に算入しないことにしている。
 アメリカやEUで(日本も同水準に移行をし続けているが・・・)現実に目の前に無い金や価値をあることにして現実の金を動かす妄動を続けている。
 簡単に言えば、クレジットカードで30万円の買い物をしたとすると、その場で30万円が動いたことになるが、実際の経済では動いていないことになるのだ。決済の本質は、お金が動いたときになる。要するに、それまでの間は、現実社会には、預金に入っている30万円と商品の代金の30万円が同時に現実社会に存在することとなる。お金が現実よりも30万円余分に膨れていることになる。これが世界規模でうごめいている。
 この大規模なのが不動産バブルなのだ。不動産に対してキャッシュの決済でなく、ローンの対象としているが、これが金余り?金が地に足がつかづに動いている現実経済です。

事務所ホームページ http://members3.jcom.home.ne.jp/3243632601/new_file.html
 


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック