テーマ:つぶやき

自分史づくり(家系図含む)をお手伝いします

 自分史を作ってみたいが、その次になかなか考え方が進まない方、多いと思います。目標や目線をどこに置くかから考えることからはじめます。簡単なようで奥が深いです。 ① 自分史を創る目的は何か・・自分へのメモリー、子や孫への記録遺産、他人も含む自分の経歴の誇示等などである。 ② 何れにも共通にあった方が良いのが、家系図であろう。自分のルー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お墓と遺骨   

 お墓は、その構造が時代とともに変わってきている。本来は、土葬であったはずのものだ。衛生面の考え方から火葬が主体になりはじめてから、少しずつ変化が始まった。  最初は、火葬したお骨を墓の中に散骨し、自然に帰したものだ。が、しかし、このやり方でいると、墓を承継する者がいなくなると、無縁仏の墓で遺さざるを得なくなる。そこで考えられたのが、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

資格商法を考える

サギまがい商法と言われる中に資格商法がある。高額な教材を売りつけたり、この資格を取れば高収入が得られるからなど等である。  基本的に資格は入り口で、資格を使って開業すれば後は本人次第なのである。そうしたことは教えずに、高額な教材費や受講料を取る。いざ、開業をしてみればそう簡単には儲からない。文句を言っても、あんたの営業努力が足りない、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フランチャイズ オーナーズ ユニオン

セブン・イレブンが公取委から賞味期限切れの弁当を安売り販売をさせないようにしていることに対して改善命令を受けそうである報道がなされている。これは、前々から問題点と指摘されるべきと私等は見ていた、フランチャイズ契約のないよう押し付けである。  賞味期限に2時間前を商品撤収時間とし、撤収した弁当は返品(廃棄)をさせ、納入価格と廃棄費用は店…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

飼いならされる怖さ

 人も動物も飼いならされることに依存的体質を持ってしまう脆さが近年あちこちで、現象として現れている。  カラスは自分で餌を探すことを忘れてゴミ集積所を荒らし、そこがだめになると次を探す。野良猫は通行人や家人に媚を売り餌を貰う、貰えると分かれば毎日同じ時間にやってきて泣き声をあげる。時に哀愁を込めたように。  自分の天性の生きる術を忘…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

保険金に支払に関する最高裁判決(夫婦同時死亡)と板橋資産家夫婦殺人

 本日(2日)、最高裁で出た判決がある。夫の死亡保険金について、妻が受取人となっている場合、夫婦が同時に死亡した場合、保険会社は、子供がいない夫婦であり、相続人は夫の兄と妻の弟だけであるため、商法の規定を類推して、それぞれに相続権があると主張をしたが、最高裁は、民法の規定で同時死亡の場合は夫の兄に受給権はなく、受取人である妻の権利を弟が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

事務所の名称変更で「相続・遺言事務支援センター」へ改称

 家内が知人から、お宅のご主人は遺言について出来ますかと聴かれたそうだが、普段はあまり仕事の話はしていないので、さあ・・・・となってしまったといっていたので、看板に書いてあるだろうといったところ、相続・葬儀後事務なんて書いてあっても分からない、自分で分かっていても素人からすれば目線は別の見方をしますからネ!と言われてしまった。で、看板を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

海外在住の相続人

 相続が発生したけれど相続人が海外赴任中で、葬式が終わると早々に帰ってしまい、相続の手続きなどのことが進まなくなってしまった。一通り書類が揃ったら連絡してきてもらおうと用意を進めたが、種々書類が複雑なので当事務所に相談に見えたとのことであった。  日本に住んでいる場合は、住民票や印鑑証明書が必要になったりするが、海外在住者はそうした制…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

行方不明の相続人

 最近は、ホームレスやネットカフェ難民とかが増えて、死んでいるのか生きているのかも音信不通のケースが大変多くなってきています。  親の葬式にも出ない、親が亡くなったのに連絡が付かない等などです。しかし、そうした形式的な部分では、親不孝者!で終わってしまいますが、相続となるとそう簡単にはすみません。通常、方法は二つ考えられます。  第…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

遺言状の裁判所による検認

 遺言状(公正証書遺言を除く)は,相続開始後、それを保管している者や見つけ出した相続人や関係者は、遅滞なくその遺言状を裁判所に提出をして、検認を受けなければならないと決められています。これを無視すると罰則があります。遺言状が封筒に封印されていたりした場合、裁判所では相続人等の立会いの上で開封をすることになります。  検認とは、相続人に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

赤ちゃんポストを改めて考える

 赤ちゃんポストが3年目を迎えるそうだ。出来た当初は賛否両論が沸き起こり賑やかであったが、しばらく静かと思ったらまる2年が経っていたようである。育児放棄だとか幼児遺棄だとか世論は今でも手厳しい。でも、私が代わって育てようといった人は中々出てこない。逆にそれだけ子供を育てるのは大変なのだ。昨今の裁判員制度にも似た世の風潮ではある。自分は当…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

石原裕次郎の遺言状

 裕次郎が病床の中で、夫人と話をしていて「俺の財産を兄貴の倅たちに取られるのも癪に障るな」と言いながら、手元にあった紙に走り書きで、財産は全て夫人に残す旨の遺言状を書いて、弁護士に渡してもらった。これで夫人は裕次郎の財産全てを相続した。婦人に対する気遣いであった。23回忌の法要があるがそうした思い出も行政書士ならではなのか・・・・・。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最悪の奨学金返済滞納者

 借りたものは返すが当たり前であるが、滞納者が増え続けている。会社倒産等の理由があるのは致し方ないが、当初から返済の意思も無く借りた(騙し取った)連中がかなりいるのが現実だ。卒業後、1度も返済経歴がないものが滞納者に多数含まれている。返す意思があれば最初は返済をしていて、その後の事情で返済を中断をする事情ができれば、その時点で相談なりを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小沢辞任の茶番劇

 代表を辞任と大きく報じられたが、会見や他の情報でも絶対に出てこないものがある。選挙のために辞任をするだけであるが、選挙が終わったらどうするとは、自分の身の振り方について述べようとしない。かって、海部総理を自分の意のままにならないと裏で怒鳴り飛ばしたりしたが、あの頃は、羽田、細川などが皆やられたことだ。今度は、選挙が終わったら、うまく政…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

未決定のエコポイントの宣伝開始

 今だ政策発表の段階でしかないエコポイントの宣伝が始まった。店頭では「補正予算成立が条件です」の但し書きまで付けている。事前周知が目的というが、狙いは霞ヶ関の官僚連中が永田町の世党とタッグを組んで、補正予算成立を阻んでいる野党を、野党が反対しているから出来ないんですよ!との宣伝で、自民党は攻勢に出ているつもりになっているらしいのだが、実…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

子どものいない夫婦  

 最近、増えているのが、いわゆる子なし夫婦と言われる方々です。昔は、老後のことが不安だからと養子を迎えたりしたものですが、最近は、介護付老人ホームにでも入るから,養子を入れて堅苦しくなるよりもという方々が増えています。また、兄弟の付き合いも疎遠になり勝ちとなっています。 マイホームは、夫婦共働きで購入し、ローンも終わっているし、のんび…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more