テーマ:借金の相続

相続対象外の責務

 友人の訪問があった。友人の近所の小さなスーパーマーケットの社長が尋ねてきてレジ係の店員が売上を持ち逃げしたのだという。その店員は友人の亡くなった父親が、知人を介して保証人を頼まれて、そのスーパーに就職をしたのだという。その店員が持ち逃げをしたのだ。社長は、保証人だったのだから何とかして欲しいといってきたのだ。この場合、父親が亡くなって…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

 借金の相続(相続放棄)  

 被相続人が遺産をはるかに超えた借金を残して死亡した(事業等で失敗をするとよくある例です)場合、どう考えても返せる額ではなく、相続人も共倒れしてしまうような場合、それを防ぐためにもあるのが相続放棄です。相続権そのものを放棄するのです。相続放棄の申し立ては、被相続人の住所管轄の家庭裁判所に、相続があったことを知った日から3ヶ月以内に申し立…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

借金の相続(限定承認) 

 被相続人が借金を残して死亡した場合、遺産が3千万円で借金が4千万円あったとすると、限定承認の手続きをすれば遺産の3千万円の範囲だけ相続をすることし、残りの1千万円については責任を負わないとする方法です。相続で得た範囲内で借金に対応することとなります。限定承認をするには、相続開始を知った日から3ヶ月以内に、被相続人が住んでいた住所管轄の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

借金の相続 

 借金といっても種々あります。住宅ローンからサラ金・街金はては闇金まで様々です。身内の中に、あいつはサラ金や闇金に手を出して行方知れずになったどうしようもない奴だなどという人がいる人も多いでしょう。気をつけなければいけないのは、借金も相続の対象であることです。本人が死亡したと知った日から3ヶ月以内に何らかの手を打たないとその借金を自然承…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more