テーマ:著作権

著作権について自治体は無知

 数年前、横浜市が訴えられた。市税滞納者の持っていた絵画を差し押さえ、インターネットオークションにかけた。  絵画は所有していても著作権までも所有していることにはならない。著作権も含めて譲り受けたのなら別だが。絵画には原作者の人格の発露としての人格権があるし、インターネット上に掲載するには作者の許諾が必要となる。安易な発想で競売にして…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

知的所有権と公共団体

 知的所有権を馬鹿にしているか軽んじている公共団体が結構多いし、昔は国もそうだった。公明党が旗揚げをしたときに、公明選挙を選管が掲げていたのをパクラレタ。で、明るい選挙と名を変えた。群馬県では、選挙啓発に使おうと「ニッポン ファイト!」が新党とダブって中止になった。結構、多いことだ。損害賠償で誰が傷つくのかナ。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

知的財産権と地方自治体

 知的財産権に関する知識や意識が特に低い感があるのが地方自治体である。これ中国?と思えるくらいのレベルのもある。昔、私が就職の面接を受けたときに、ある自治体が道路にパイプを埋め込んで温水を通し雪を溶かす方法を特許を取った人から譲りうけた。それを視察に来た自治体がそれをそのままパクッテ自分の町で実施し、裁判になった話をしたら、面接官の部長…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

著作権譲渡契約書の穴

 著作権譲渡契約書を作るときに注意しなければならないところがいくつかある。これは著作権法第27条と第28条の規定である。第27条は翻訳権・翻案権について、だい28条は二次的著作物の利用に関する原著作者の権利である。これを明記していない契約書でのトラブルのケースが報告されており、文化庁は注意の文書を出している。海千山千の世界だから要注意で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

著作権とレンタル

 CD等のレンタルも勿論著作権法の網が掛けられています。よくテレビ等でいよいよレンタル開始等とCMが流れますが、CD等が発売されると、それをレンタルすることに対して著作権上の許諾をするか否かの権利が発生します。勿論、売っている側は安くレンタルされては売れなくなりますから、OKするはずはありません。この期間は1年間と決まっています。1年を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

著作権(6)お役所仕事

 あまりにひどいのがお役所なのだ。著作権に関して説明をしても理解をしようという姿勢が感じられないことが多々ある。マーいいかのような感性があるような気がする。さいたま市の出来るときに上尾市である雑誌の記事を流用した事件もマーいいかのような気がする。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

著作権(5)著作者とは

 著作物を創作する人のことを著作者といいます(法弟2条第1項第2号)が、法人も含まれます。小説家や作曲家を連想しますが、一般の人でも作文・レポートを作ればそれが創作にあたり保護されるのです。会社でも企画部門や販売部門で合同したりして作った企画書やパンフレットが保護されます。  私も、昔ある企画書をメーカーに提示をして実現したところ、そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

著作権(4) 著作者の権利  

 著作者の権利は、著作物という媒体を介して保護されている。著作物とは「思想又は感情を創作的に表現したものであって、文芸、学術、美術又は音楽の範囲に属するもの」(法第2条第1項第1号)と位置づけられている。  著作物とは、言語・音楽・踊り・絵画・建築・映画・プログラム等など思想や感情を創作の中に表現したものです。こうしたものを著作権法で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

著作権(3)  

 著作権で保護されるものは著作権自体と著作物に派生的に生ずる隣接権である。それぞれに著作した人間の直接的な人格権と財産権が存在する。 ○著作物とは、小説、楽曲、映画、コンピュータ・プログラム等の生み出したという権利である。 ○著作者の権利とは、創作した時点で「自動的」に発生するもので登録的に発生するものではありません。 著作隣接権…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

著作権(2)

 まず、著作権とは?である。書作した者の権利であるが、何を保護するかというと、その人の著作人格権(名前や名誉)と著作をした権利(財産権)及び著作隣接権(著作を耳目で現したときの演出等)の権利である。  だから、例えば音楽で言うと大変足そう構造の権利関係が生まれる ○ 作詞をした ○ 作曲をした。 ○ 編曲をした ○ 歌った …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

著作権(1) 知的財産権   

 著作権の前にその権利がどうゆう位置づけにあるのかを確認したい。昔は無体財産という言い方をしたが、これは不動産等の物的有形財産に対するものだ。   形はないが財産としての位置づけがされるものを言う。著作権や産業財産権(昔はこれを工業所有権と言った。)などが知的財産権とされるものである。知財とも略されるが近年徐々にその位置づけがたかまっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小室詐欺と著作権

 小室がおこした詐欺事件のときに行政書士に相談をして出来ないと言われたと新聞に載っていた。当然である。著作権に関しては行政書士の職分になっている。最近はたまに関連の話があるが、世間が著作権に関して知らなすぎる嫌いが多い。近い機会に著作権に関する集中ファイルを起こしてみよう。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

著作権と森進一

 森進一が「おふくろさん」を紅白で歌うという。そもそも森進一が逆上せあがっていたのと著作権について本人もNHKも知らなすぎたことに起因する。本曲の前の前段の前言葉を入れるなら作詞者の事前了解を得なければならないのは著作権の基礎知識である。入れて放送をしておいて、この曲は僕の曲だ!は怒られるのは当たり前のことだ。著作者の人権を踏みにじって…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more