テーマ:遺言状

老人施設で骨折して、またまた休業  

 老人の話を聞いて欲しいとの連絡が入り、急ぎ施設を訪問する。遺言のことかと思っていたら、3人いる子供たちの悪口で3時間を費やしてしまった。  切り上げて帰る途中の階段で転んでしまった。救急車に乗せられて病院に、骨折であった。何とか入院は免れたが、10日間の安静を通告された。困ったものである。   事務所HP http://memb…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

遺言書作りは先送りしないで   

 遺言をするという作業は、意外と頭の労力を必要とします。エイヤ!で書いてもよろしいですが、結果のリスクもついてきます。  遺留分への配慮がされていなかったり、あいつには遺産をやらないと書いてもそうはいかなかったり、自分の死後、裁判等のバトルを引き起こしたりすることもあります。  遺言が気になったら、先送りしないでチョットでも作業を開…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「遺言書の知識」セミナー記録(1)

 皆さんは、遺言書を書くと言うとそんな年じゃないとか縁起でもないなどの反応が多数見受けられるのが現実です。命は年の順ではなく、寿命の順です。かつ、寿命は、元気な寿命と寝たきり何十年があります。  日本でも昔から、「母さんを頼む」とか「弟や妹を頼んだよ」などの遺言であるとか、「家業は総領が継ぎ、弟らには分家を出すこと」などの遺言書などの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「相続・遺言相談支援センター」について」について

 相続や遺言についての相談やアドバイスを実施しています。ここのところ皆さんの関心の大きさにビックリしています。こちらでは、ご連絡を頂いた場合、こちらからお客様のところに出向きます。お客様にご苦労をおかけしないことと、ご本人確認を容易にするためです。ですから、気兼ねなくお電話をください。  また、公正証書遺言の証人についてお悩みの方には…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

相続・遺言コンサルタントについて

 相続や遺言についての相談やアドバイスを実施しています。  今、元気だからそんなの関係ネーは、どうでしょうか。今、50代で朝起きたら(起きない人もいますが・・)半身麻痺などとゆう人の多いことか。一説によるとラーメンブームなんかも一因があるやに聞いておりますが。そうなる前にお勧めします。小さなお子さんがいたりすれば、相続の手続きで特別代…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

遺言書(遺言状)の書き方講座

 老人会の依頼で遺言書の書き方講座を開くことになった。役所時代の知り合いからの依頼である。  相続とは何ぞやから始めて遺言とはどうゆう意味合いがあるのか、そして、遺言書はどのように書くのかまでである。何人かの方々は、私のような行政書士などから話を聞いた経験があったようであるが、私の話の内容の話は初めてだと感心された。  まず、相続…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

遺言書のない相続トラブル   

 現代の日本では、遺言書を書く習慣が希少で、遺言書がない相続が殆どが現状です。遺言書なんか縁起でもない、遺言書を書くほど財産が有る訳でない、自分のマイホームくらいしかないのに遺言書なんてと言う人がほとんどです。遺言書を書くほどの年でもないと言う人もいます。また、子供のいない夫婦でもいざというときは遺言書の有無です。遺言書がないまま相続が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

遺言書(遺言状)を書く

 マイケル・ジャクソンの遺言状が話題になったが、欧米ではある程度の生活者(一般的には弁護士との付き合いのある人)は、遺言書を若くしても書くことが根付いている。これは、弁護士との関係を繋げておくことに弁護士の側からもマーケッティングのレールに入っているからだ。日本では、弁護士が金持ちにしか近寄らない。  日本人は、遺言というと、「縁起で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

本日は開店休業です。

 特に予定もなく、開店休業なので、久しぶりに釣りに行こうと思います。小鮒のキャッチアンドリリースです。最寄の浦和商業下の白幡沼で年寄りの相続話の相手でもしながら・・・・。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

思い切って遺言を書こうと思った、と来訪した客

 看板を見て尋ねてきたとの来訪者が、今までは気にもしなかったが、友人と飲みに行って話しているうちに急に気になって、看板が前からあるのは知っていたから、尋ねる気になったのだと言う。身内で急に何人かが倒れたり、認知症になったりする者が出たとのこと。その方たちが、口癖のように、そのうちに遺言でも書いて置かなくっちゃと話ていたとのことである。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

遺言の方式 

 世間的には、遺言は言葉の遺言も書面の遺言もありなのだ。臨終の場に相続人が立会い、本人から自分の死後はこうして欲しいと遺言をされる。よく聞く話ではある。それで相続人が満足し、誰も異議がないのであればそれで無事に決着がつくのである。  昔、大名の臨終に家老と御側容認等が立会い、本人がしたという臨終の言葉で家督相続が指名され、指名されなか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

老後の準備を考える

 10数年前まで近所で総菜屋を営んでいたお年寄りが訪ねてきた。奥さんは、数年前に亡くなったとのこと。ご主人は無関心だったが、国民年金をきちんと払い続けていたので現在は年金と蓄えで何とか暮らしている。昔のお店の跡も現在は道路になっている。その補償金もあるようだ。ただ、子供がいない。頼っているのは数件隣の従兄弟の子供だとのこと。その従兄弟の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

相続分(遺留分)の事前放棄

 相続が始まる前でも相続分(遺留分)の放棄は可能です。  相談に見えたお年寄りは、賃貸マンションを何棟もお持ちの財産家でしたが、1人放蕩息子がおり、サラ金とパチンコの往復でこれまでにも100万、200万と借りに来ていたそうです。他の兄弟はまじめな家庭を築いていたので、自分の老後のこともあまり気にせずにきましたが、相続のときのことが最近…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

昔の遺言状

 15年ほど前になるが、自分でも遺言状を書いたのを失念していた。子供が小さい頃であったが、遺言状はここに入れておくからなと言い聞かせて仏壇の引き出しにいれた。ケロッと忘れていたら、先日子供から言われた。ヒヤリとした。内容が現状にぜんぜん合わないのも思い出した。早速シュレッダーに。  今日、家族立会いで新しい遺言状をかくよていである。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

遺言の変更や取り消し

 お爺さんが甥っ子に全財産を譲ると遺言状に書いて渡したときは、子供のいない自分たち夫婦にとって、お爺さんの唯一の希望だったのが自分たちの養子に入ってくれることだった。私は反対だったのだがと来訪者のおばあさん。甥っ子もそのつもりであったようだが、その後、結婚し嫁が来るのを億劫がると言って来なくなった。  そこで、気になりだしたのは甥っ子…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

正月の遺言状

 正月が来ると子供たちが集まるので、必ず遺言状を家族の前で書くというお年寄りを知っている。家族と話しながら1年を思い返して書くのだそうだ。最初はいぶかしがっていた家族も今は恒例行事だと納得をしている。そうゆう家族なら争族もないだろう。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

遺言状や分割協議書を否定する銀行

 最近の業界での話で、銀行が公正証書遺言書や遺産分割協議書を認めず、自分の銀行用の解約書に相続人の印鑑証明を添付しろというところが出てきているとことがあった。相続の制度の知識がないのか、もしくは知っていても相続人の中のクレイマー対策なのか判明しないが、公証人協会が銀行協会に申し入れをしたりする騒ぎになっているらしい。裁判でもやれば勝てる…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

昔の遺言状

 電話での相談である。面倒を見ていた母親が先日亡くなり葬儀を済ませたそうである。ところが、別居していた兄が突然、母親の「遺言状」を出したのだとのこと。その兄は、父親が亡くなった折、母さんの面倒を見るからと同居を始め、しばらくして子連れの女性と結婚したが、そのことで母親との折り合いが悪くなり別居をしてしまった。 それからは音信不通も…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

正しい遺言状の書き方(11) 

 遺言状のポイント ① 出来れば公正証書遺言としたい。どうしてもイヤな人は、自筆証書遺言を書く際は、専門家にチェックをしてもらうことをお勧めする。 ② 文書は正確に。遺言書は、書いた本人が死んだ後で読まれるものですから、この点はどうですか?と聞けません。疑義を生ずるような書き方は厳禁です。 ③ 下記漏れをしない。書き漏れがあると、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

困った遺言状

来客の父親が亡くなったのは先週のことだった。生前、自分が死んだら最後まで介護をしてくれた娘(客)に自宅の家・土地をあげると言っていて、兄弟もそれでいいと納得をしていた。遺言状も書いて仏壇の引き出しにしまってあると皆に告げていた。葬式が終わって、確かに仏壇の引き出しから遺言状が出てきたので、裁判所で検認の手続を済ませたが、遺言状には「娘に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

困った遺言状

 友人の叔母さんが90歳で亡くなった。未婚のままであった。みんなにお世話になったから遺言状を書いておいたと遺言状を預かっていた。全てがきちんと遺産の処分方法が指定されているものと思っていたが、裁判所の検認を受け、開封したところ、大学生で一時同居をしていた姪に奨学金として1千万円を相続させ、残りは相続人で喧嘩しないように分けてくださいと記…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

子供無し夫婦の遺言状 

 今までは、さいたま市近辺に仕事を絞っていたが、子供のいないご夫婦の相談が結構あるので、遺言状の下書き見本や相談をFAX対応で全国区ですることにしました。TELかFAXで1件5,000円で対応いたします。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

遺言執行者

 ここのところ、お年寄りの相談が多い。知人の紹介で着たお年寄りのおばあさんが自筆証書遺言を書き、子供2人に家や土地は処分してお金で2人で分けるようにしたと話したところ、1人がここで商売を始めようと思っていた と対立を始めた。商売に向く場所ではないのは自覚があったが、いっても聞かないため、相談にきた。  こうした場合、遺言者側の判断か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

正しい遺言書(遺言状)の書き方(10)

 公証役場に提出する書類。 ○ 遺言する人の印鑑証明書及び実印 ○ 遺言者と相続人との関係が分かる書類(戸籍謄本・原戸籍謄本など) ○ 証人の住民票 ○ 財産に不動産がある場合は、登記簿謄本(登記事項証明書)及び評価証明書 ○ 預貯金の場合は、通帳 ○ 有価証券の場合は、その証券またはそのコピー その他ある場合は、公証人と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

正しい遺言書(遺言状)の書き方(9)

 ①遺言書の内容を決める。  相続人、相続財産を明確に把握し、誰に何をどのように相続させるかを決めます。また、祭祀継承者(財産とは別に、仏壇やお墓の世話をする人)を決定しておくこともできます。  ②遺言執行者を決める。  相続の手続を間違いなく実行するためには遺言執行者を決定しておいたほうがスムーズです。例えば、家と土地は兄弟で処…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

正しい遺言書(遺言状)の書き方(8)

 公正証書遺言の作成  手順に決まりはありませんが、要領よく進むにはある程度分かっておいたほうが迷いません。 ① 遺言内容を決める。 ② 遺言執行者を決める。 ③ 証人を見つける。 ④ 必要書類を集める。 ⑤ 公証人と事前打ち合わせをする。 ⑥ 公証役場で遺言書の作成。 ⑦ 遺言書を保管する。 次は、それぞれの内容を説…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

正しい遺言書(遺言状)の書き方(7)

 秘密証書遺言とは、字のごとく全く自分以外に内容が分からない遺言方法です。これはパソコンを使ってもOKなのですが、署名(自署)と押印は必須です。それを封入したら準備完了です。次に、遺言者本人・公証人・証人2人以上がその封筒に署名・押印をすれば完了となります。  秘密証書遺言は、誰にも見られない点が皆さん興味を持たれるようですが、完了ま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

正しい遺言書(遺言状)の書き方(6)

 子供のいない夫婦の遺言状簡単見本  【見本】             遺 言 状  私は、次のとおり遺言する。  私が配偶者○○よりも先に死んだ時は、私の財産の全てを配偶者○○に相続させる。  平成○年○月○日               住所 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

正しい遺言書(遺言状)の書き方(5)

 行方不明の子供がいる場合、親としては子供がいつかは帰ってくると思っていたい気持ちは理解できますが、こと相続に関しては、少々厄介で、相続開始時に行方不明状態であると、家庭裁判所に財産管理人を指定してもらい、相続協議の後、その財産の管理を行方が分かるまでしてもらうことになります。そんな大変なことと思われる方は、後顧の憂いを絶つ意味で家庭裁…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

正しい遺言書(遺言状)の書き方(4)

遺言書で大切なのは、遺言書を入れた封筒の封の仕方にもあります。むき出しでは参考資料としかされません。  封入するときは書くとき以上に慎重にしなくてはなりません。まず、封に入れ、封をする、更に、封をしたところと背あわせ及び下封部分に契印をします。  また、表面には、「遺言書」と記し、著名;、作成年月日を記入します。  次に、赤字で、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more