現代の就職難の氷河期の一因

 就職氷河期が何次にも渡って押し寄せている。世は景気の原因説で一致しているようだ。が、しかし、そうであろうか?
 社会保険庁は自分たちの栄華のために、年金原資をいいように使いリゾート施設などを造り、赤字にして二束三文で売却をした。挙句の果てに、年金財源を不足させて基礎年金の給付開始は65歳にすると変更をした。そして、60歳からの年金生活の生活設計を破綻させた。65歳までは働けよ!そのために、国は手助けをするからと・・・。天下り先を増殖してきた国家公務員も同じである。
 その結果、どうしたのか。60歳定年を延長又はそれに準じた方策をとり、65歳まで雇用をしろ、そうすれば補助金や企業税制で恩恵を与えるとした。
 誰が考えても、定年まで働いてキャリヤを積んでいる労働者と、新規卒業者を雇うのとでは大きく違う。片や研修なども必要なくそのまま使えて、給料も新規採用よりも安く1年単位で人員調整がやりやすい、挙句の果てに補助金をもらえて、高齢者に優しい企業と宣伝までしてくれる。これではリスクの高い新人の採用を人数制限してしまう。景気が悪くなった時期と重複するが、それを隠れ蓑に就職氷河期を作り出している、社会保険庁の性悪が浮かんでくる。

事務所ホームページ http://members3.jcom.home.ne.jp/3243632601/new_file.html




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック