クレイマー対応(6)

 悪質なクレイマーは、いくつかのタイプに分けられる。自分がクレイマーとしての実績を回りに見せ誇りたいタイプ、次に精神的に問題のあるタイプ、そして、常習犯的にクレイムを付け相手から多少の利益を得ようとするタイプ、更には反社会的に受け入れられない組織に属していることをひけらかして利益誘導に結び付けようとするタイプです。概して多いのが自分のプライドをどう保つかが基本にあるようですが、そのプライドの行き先が問題なのです。
 これらは夫々対応が違うのと、スタンスも違います。順番に次から考えましょう。

事務所HP  http://nagahito.houritu.officelive.com/default.aspx

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック